<< ありがとうございました。 明日のライブ >>

小児甲状腺ブロックの必要性について

核医学専門のお医者さんから直接連絡をいただきました。

はたして、私のブログが心配になられる方々の目に留まるかどうか、、、。
しかし
私個人でもこのような知識は持つべきだと思い

この情報をブログにのせることにしました。

不安に思われている方が少しでも、この情報で役に立つことがあったらと思います。
参考になりそうな方は学会のホームページをご覧ください。



ブログが日本核医学会からのお知らせ (号外3 2011年3月18 広報委員会
小児甲状腺ブロックの必要性について(一般市民向け配布文書)
東北地方太平洋沖地震における福島原発事故: 2011/3/17現在において安定ヨウ素剤による甲状腺の保護処置は不要です
http://jsnm.org/japanese/11-03-18

上記の記事をインターネットで閲覧不能な地域もあると思われますので、現場の医療従事者、市民の皆さんが読めるようにメールでも全文掲載しました(一般閲覧コンテンツ)。必要があればメールを回していただいて結構です。なお、日本核医学会では今回の原発事故の被害の甚大さに鑑み、ホームページにおいて医療従事者向けの情報および一般市民の皆様向けの情報を適宜開示していきますのでご覧ください。
ーーーーーーーーー被災者の皆様、とくにお子さんをお持ちの被災者の皆様へ
現状では安定ヨウ素剤による甲状腺の保護処置は不要です
東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。また、被災地域の一日も早い復興をお祈りいたします。
 被ばくが懸念される地域にお住まいの皆様には、東北地方太平洋沖地震に伴う福島原子力発電所事故による放射能漏れに由来する健康への影響をご心配のことと存じます。
特にお子様をお持ちの親御さんは、子供達の被ばくを心配され、安定ヨウ素剤による甲状腺の保護処置が必要ではなかろうかとご不安に駆られることと思います。
 しかし、現時点での大気・土壌汚染状況から判断し、今の段階では小児の安定ヨウ素剤による甲状腺保護処置は不要です。むしろ危険なことがありますので、避けてください。 ただし、今後の状況変化によっては必要となることもありますので、政府発表・関連自治体発表・東京電力発表・報道情報などを十分に注視されますようお願い申し上げます。
1.甲状腺はヨウ素を取り込んで甲状腺ホルモンを作る組織で、人間は食物からヨウ素を消化、吸収し、甲状腺はこれを取り込んで働いています。食物中に十分なヨウ素があれば、甲状腺はある程度ヨウ素で満たされた状態にあります。逆に食事中にあまりヨウ素がない生活をしていると、甲状腺はヨウ素欠乏状態になり、ヨウ素の吸収が上がります。通常のヨウ素は放射能を持っていませんが、なかには放射能を含むもの(放射性ヨウ素I-131)があり、これが食物を通じて大量に取り込まれると甲状腺に悪影響を与えることがあります。このため、多くの皆さんはご心配になっておられることと思います。
2.チェルノブイリでの事故後に東欧諸国で小児を中心とした甲状腺癌の増加が見られましたが、その主な原因はミルク等に含まれていた放射性ヨウ素による体内からの被ばく(内部被ばく)であったことが分かっています。たしかにチェルノブイリ事故では、大規模な被ばく発生後4日目に、ポーランドが国を挙げて安定ヨウ素剤を全ポーランドの小児の90%に一回だけ配布いたしました。そうしなかった隣国のウクライナやベラルーシでは小児の甲状腺癌が増加したのに対して、結果的にポーランドでは甲状腺癌増加は認められませんでした。しかし、1)内陸国のウクライナやベラルーシは食物や土壌中のヨードが少なく、もともと国民的にヨード欠乏状態であったのに対し、ポーランドは海沿いの国でさほどヨード欠乏状態ではなく、2)ポーランドは国内での牛乳を禁止して、すべて輸入粉ミルクに変えたという処置も行っています。これらの多くの処置がかみ合い、結果としてポーランドでは甲状腺癌の増加がなかったのであって、必ずしも一回だけの安定ヨウ素剤の投与が効果を現したわけではないと考えられています。
3.食物中、土壌中のヨウ素量の多い日本では、通常の食生活を行うことで十分にヨウ素を摂取できており、自然と甲状腺は安定ヨウ素で満たされています。ごく少量の放射性ヨウ素が簡単に健康に影響するほど吸収されることはありません。むやみに安定ヨウ素剤を服用する必要はありません。また、ヨウ素の入ったうがい剤や消毒剤を飲むことは危険です。乳児の場合には成長障害を引き起こす危険もあります。また、アレルギーなどで命の危険を来す場合もあります。
4.牛乳やその他の食物に含まれる放射性ヨウ素の濃度が上がるには、長期間に多量の放射性ヨウ素が土壌に広まり、これを吸収した植物やそれを食べた牛などが身体の中で濃縮していき、これを人間が食べることで起こりますので、現在の状況ではすぐに危険性があるものではありません。
5.安定ヨウ素剤の投与は、一度に多量の放射性ヨウ素の被ばくを受けた40才未満の方に対して、一度だけ安定ヨウ素剤を飲んで貰って、その後被ばく地から待避していただくことが前提です。現状で一度だけ安定ヨウ素剤を飲んでいただいても、むしろ甲状腺機能が不安定になり、リバウンドで一定期間後に放射性ヨウ素の吸収を高めてしまうことさえ起こりかねません。もし今後、さらに大規模な被ばくなどが起こったときには、かえって甲状腺を危険にさらすこともありえます。
6.国際放射線防護委員会ICRPから勧告されている安全な甲状腺への放射能の基準は甲状腺線量0.020Gy以下とされており、この線量以下では小児に甲状腺癌が増加することはないとされています(ICRP Pub94)(なお、チェルノブイリ事故後に測定されたウクライナ、ベラルーシでの甲状腺線量は桁違いに高く、平均0.15-3.10Gy程度と報告されています)。この安全な線量0.020Gyは、計算すると、体内に約3 μCi程度の放射性ヨウ素が入ることに相当します。これは通常使われる放射能を検出するサーベイメーターで甲状腺に約700万cpm(一分間に700万回のカウントを計測)となり、非常に高い数字です。
7.しかしながら、現状では地域住民の方々の放射能汚染のサーベイの結果は、ほとんどの方が汚染なし(つまりほとんどカウントなし)の結果と報道されていますので、甲状腺に悪影響を与えるほどの体内汚染が起こっているとは考えられません。
8.被ばくが懸念される地域では確かに雨や雪に放射線が微量検出されてきていますが、この放射能は体外からの微量な被ばくを示すだけで、安全な範囲内です。食物・飲用水としてきわめて大量に取り込まない限り、体内への被ばくは心配ないものと思われます。
9.福島市内の上水道中の放射性ヨウ素などの濃度が若干増加したと報道されていますが、通常の飲用に問題がないとされる規制よりも下の値です。
10.なお、放射性ヨウ素による甲状腺癌発がんの危険性は40才未満、とくに放射線に敏感な小児に高く、それ以上の方では危険性はほとんどありません。
大変な状況が続きますが、ともかく落ち着いて、政府発表・関連自治体発表などに従ってください。よろしくお願いします。


日本核医学会
放射性医学総合研究所(2011/3/17)
日本核医学会ホームページ http://www.jsnm.org/
[PR]
by fdouce | 2011-03-20 22:16 | 日記
<< ありがとうございました。 明日のライブ >>