<< - - >>

人のブログから

いろんな言葉がありますが
とても気になる文章を見つけました

古今亭駿菊さん(ずいぶん昔ですが、舞台を見て素敵だと思った噺家さんです)
のブログにこんな言葉が。

なんとなく心を軽くしてくれた気がします。


人にはなすべき事のなすべき時となすべき場所が
ずっと前からに決まっているのだろうか?

縁(えにし)は儚くもあり、思わぬところに
生まれて来ることもある。

縁に依って人は働いたり涙したりしながら月日を貪る。

意味を求めると空虚に感じる事を積み重ね人は老いる。

でもそこに無駄はない。

10年経たなければ見つけられない事に必要な年月はやはりまた10年なのだ。

生きてきた年月だけ死に近づくがそこにも無駄はない。

生きていく事のみが存在価値なのだから。

自分が成し得なかった事を悔やむ必要はない。
また誰かが別の場所でその続きを紡いでくれるだろうから。

生が繋がるのではなく意識が繋がる。

永遠に。

[PR]
by fdouce | 2010-06-14 12:34 | 日記
<< - - >>